夜間走行が避けられない300kmブルベ|持ち物や費用感・難易度を徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
300kmブルベの概要・持ち物・費用感を解説
考える人

いきなり300kmに挑戦してもいいの?

考える人

200kmブルベは完走できたけど、300kmはもっと難易度が高いの?

200kmブルベを完走したランドヌールが、次の目標に設定する300kmブルベ。

300kmという長距離に加え、20時間近くの走行時間となるため、この辺りから未知のロングライドという印象を持たれるかと思います。

ですが、200kmブルベの完走経験があるなら、300kmブルベはそれほど難易度は高くない。

というのが本記事の結論ではあるものの、夜間走行を避けて通れない点には注意が必要です。

これらの内容を踏まえ、200kmブルベの次のステップである300kmブルベについて詳しく解説します。

200kmを完走していなくても300kmブルベにエントリーは可能です。

さとつ

夜間走行の準備をして、安全に走行してもらえたらと思います。

タップできる目次

この記事を書いた人
  • ブルベ(BRM)と筋トレが趣味の30代
  • 2023年にはじめてSRを獲得
  • 好きな弱ペダのキャラは手嶋くん
はじめまして!

300kmブルベの概要

300kmブルベの概要

走行ルートによって、獲得標高や消費カロリーは前後しますが、300kmブルベの概要は以下の通りです。

走行距離300km
制限時間20時間00分
必要なグロス速度15.0km/h
平均獲得標高2000m〜4000m
平均消費カロリー7000〜12000kcal
300kmブルベの大まかな概要

ブルベのルートは100kmの走行距離で1000mの獲得標高(登り区間)が目安となっています。

300kmブルベの実体験は少ないですが、公開されているルートを見る限り、200kmブルベと同様、獲得標高は高めです。

制限時間が20時間となるため、走行状況によっては日付を跨いでしまう場合や、夜間走行を避けられない点に注意が必要です。

グロス速度の計算について

走行時間が長くなって、グロス速度の計算が面倒な場合、等速度運動(速度を計算)を活用してみてください。

以下の画像では、7時間45分で125km地点にいる場合のグロス速度(16.1km/h)を算出しています。

グロス速度の計算
さとつ

走行時間が長くなると計算が面倒になるので、ぜひ活用してみてください。

300kmブルベの必須装備と追加した持ち物

300kmブルベの必須装備と追加したもの
スクロールできます
参加ブルベ300km
(規定)
300km
(僕の場合)
反射ベスト必須R250の反射ベスト
フロントライト必須(1灯)
※予備灯は任意
メイン:Navi800
サブ:RN1500
テールライト必須(1灯)
※常時点灯可能なもの
メイン:キャットアイ タイト
サブ:キャットアイ タイト
ヘルメットライト任意キャットアイ セーフティーライト
ベル(警音器)必須キャットアイ ベル
その他キューシート、サイクルウォレット、輪行袋、ツールボトル、ウィンドブレーカー、モバイルバッテリー、パッド用クリーム、補給食、医薬品など
300kmブルベの装備と持ち物

ライトの数や利用できる反射ベストは、クラブのローカルルールによって異なる可能性があります。参加するブルベの概要ページを必ず確認して準備するようにしてください。

Audax Japanの参加規定に記載されている通り、反射ベスト、フロントライト、テールライト、ベルの携帯が必須となっています。

300kmブルベの持ち物(必須)
スクロールできます

反射ベスト:R250の反射ベスト

【必須】反射ベスト

ブルベといえば!でお馴染みの反射ベスト。

反射ベストには黄色・オレンジ・ピンクなどのカラーがありますが、個人的には黄色派です。

R250の反射ベストは、軽くて着脱しやすいので気に入っています。

フロントライト(メイン):Navi800

【必須】メインのフロントライト

安価な価格帯にも関わらず、8時間以上(200ルーメン)のランタイムが魅力のフロントライトです。

予備のバッテリーを購入することで、CATEYEのVOLTシリーズと同じ運用ができます。

詳細はNavi800を徹底レビューで解説しています。

フロントライト(サブ):RN1500

【任意】サブのフロントライト

12時間以上のランタイムに加え、最大1500ルーメンの光量が魅力のフロントライトです。

いざという時にモバイルバッテリーとしても利用できるので重宝しています。

詳細はRN1500を徹底レビューで解説しています。

テールライト(メイン・サブ):キャットアイ タイト

【必須】メインのテールライト

常時点灯160時間に対応しており、ランドヌールにとって定番のテールライトです。

やや重量はありますが、電池式な点が気に入っています。(いざという時はコンビニで電池を買える!)

ヘルメットライト:キャットアイ セーフティーライト

【任意】ヘルメットライト

常時点灯60時間に対応しており、ランドヌールにとって定番になっているヘルメットライトです。

非常に安価で、使い勝手の良い点が気に入っています。

ベル:キャットアイ ベル

【必須】ベル(警音器)

KNOG(ノグ)のライトを使っていた時期もありますが、現在はキャットアイのベルに落ち着いています。

小型でしっかり音が鳴る点が気に入っています。

カウベルなどは参加が認められない場合もあるので、注意が必要です。

¥700 (2024/02/20 01:59時点 | 楽天市場調べ)

僕はこれらの必須装備に加え、以下のものを携帯して300kmブルベに臨むようにしています。

300kmブルベの持ち物(その他)
スクロールできます

キューシート

【必須・任意】キューシート

電子データよりも紙媒体の方が閲覧しやすいので、印刷したキューシートを携帯しています。

背中のポケットに入れても汗で濡れないよう、100円ショップで購入したビニールケースに入れて携帯するようにしています。

クラブによって必須・任意が分かれますので、事前に確認するようにしてください。

輪行袋(モンベルコンパクトリンコウバッグ)

任意としていますが、目的地までの輪行やDNF時の輪行に欠かせない輪行袋

絶対に走り切る!と思っていても何があるかは分かりませんので、必ず携帯するようにしましょう。

Mont-bell(モンベル)
¥7,820 (2024/02/25 16:55時点 | Amazon調べ)

R250のサイクルウォレット

ブルベカードやレシート、現金や目薬など、様々なものを収納できるので非常に重宝しています。

また、防水性能が高く、雨の中走っていてもブルベカードやレシートが水で濡れることもありませんでした。

ツールボトル(パンク修理キット)

滅多にパンクすることはありませんが、ブルベ中は何かとトラブルが発生するので、使い方を事前に確認しておくことがおすすめです。

ちなみに、はじめてパンクを経験したのが、はじめて参加したブルベ中で非常に焦りました…

ウィンドブレーカー(Santini)

雨や防寒対策を目的としたウィンドブレーカーで、絶対に持っていった方が良いと思っています。

PEARL IZUMIやKAPELMUUR、Santicなどお好きなブランドのウィンドブレーカーを携帯するようにしてください。

モバイルバッテリー(家にあったもの)

【任意】モバイルバッテリー

走行時間の長時間化によって、スマホやサイクルコンピュータなど、バッテリー残量が少なくなってしまう可能性が非常に高いです。

フロントライトのRN1500でも、各種モバイル機器を充電できますが、夜間走行時にバッテリー切れ…

となっては本末転倒なので、別途モバイルバッテリー(3,800mAh)を携帯するようにしています。

ややサイズが大きいので、もう少し小型の方が使い勝手が良いかもしれません。

assosシャモアクリーム(パッド用クリーム)

【任意】パッド用クリーム

走行時間が長くなるため、サドルとお尻が擦れて痛みが生じる可能性が高いです。

そのため、途中のPCや通過チェックの際に、パッド用クリームを塗り直せるよう、小分けにしたものを携帯するようにしています。

ASSOSのシャモアクリームはメンソレータム軟膏のように肌がスースーするので、違和感を持たれる人もいるかもしれませんが、個人的には気に入っています。

¥5,390 (2024/02/20 22:47時点 | 楽天市場調べ)

補給食

【任意】補給食

主にプロテインバーやジェル系の補給食に加え、グミやカロリーメイト、羊羹などを携帯するようにしています。

コンビニでも購入できますが、スーパーや通販で事前に購入しておいた方が安価でお得です。

医薬品

突然の痛み対策や、消化の促進を目的として湿布や胃薬を携帯するようにしています。

ブルベ中は食べたものを早く消化して、エネルギーに変換したいので、PCや通過チェックでがっつり弁当を食べた後に消化を促進する胃薬を服用するようにしています。

胃薬は似ているようで用途が大きく異なるので、薬剤師から説明を受けて購入するようにしてください。

実は200kmの装備とほぼ変わりません。

ですが、サイクルコンピューターやスマホのバッテリーがやや心配なのと、お尻の痛み対策のため、モバイルバッテリーとシャモアクリームを追加しています。

さとつ

200kmの装備をベースにして必要な持ち物を追加するようにしています。

【参考情報】300kmブルベで掛かった費用

300kmブルベで掛かった費用

200kmブルベと同じく、手厚いサポートがないので参加費は安く設定されています。

とはいえ、少額ではあるものの、食事回数に応じて費用は増減するため、事前にどのくらいの費用が掛かるのかを確認しておきましょう。

参加ブルベ神奈川300km渡良瀬
主催クラブAJ神奈川
参加費1,500円
PC・通過・フォトチェックの数4カ所
ブルベ中に利用した金額2,831円
記念メダル購入1,000円
合計金額5,331円
300kmブルベで発生する費用の目安

補足として、60〜80kmのタイミングや空腹時に主食(弁当など)を食べるようにしていました。

サンプル数が少ないですが、メダルを購入する場合、300kmブルベで掛かるおおまかな費用は5,331円となりました。

この金額に加え、集合場所までの電車賃や朝食、完走後のご褒美飯などが追加で発生する場合もあるので、事前に把握しておくことがおすすめです。

さとつ

走行距離が長くなるほど、食事の回数も増えるので、比例して出費が増えてしまいます…

【参考情報】300kmブルベの消費カロリーと摂取カロリー

【目安】消費カロリーと摂取カロリー

おおまかではありますが、僕が参加した300kmブルベの消費カロリーと摂取カロリーを集計してみました。

参加ブルベ神奈川300km渡良瀬
主催クラブAJ神奈川
消費カロリー7203kcal
摂取カロリー3640kcal
平均心拍数114bpm
300kmブルベの消費カロリーと摂取カロリー

消費カロリーは走行ルートや心拍数によって大きく変化するため、あくまで参考程度にしてください。

ほぼ平坦のブルベかつ、突然の大雨で気温と体温が下がったこともあり、消費カロリーは200km走行時と同じくらいの数値になっています。(後半の雨の影響で心拍センサーが故障した可能性もあります。)

尚、摂取カロリーの大まかな内訳には以下のようなものがあります。

  • おにぎり(塩、鮭、梅干しなど)
  • 温かいそば
  • 果物の入ったゼリー(フルーツミックス、みかんなど)
  • 炭酸飲料(コーラ、三ツ矢サイダーなど)
  • 和菓子(団子、大福、羊羹など)
  • ゼリー状の補給食

脂質の多い食べ物は、消化効率が悪いのでブルベ中は避けたほうが無難です。

とはいえ、300kmの長距離では複数の食事が必要となり、脂質を気にし過ぎては食事の内容が似通ってしまうため、楽しみも半減してしまいます。

その時の気分によって飲食店に立ち寄ったり、好きなものを食べるなど、ご自身の嗜好に合わせて補給するようにしてください。

さとつ

脂質の多いものを食べる場合は、消化のサポートを目的として胃薬を服用するようにしています。

目次に戻る

300kmブルベの難易度

300kmブルベの難易度

冒頭で、

300kmブルベはそれほど難易度が高いものではない。

とはいったものの、200kmブルベよりも100km距離が長い分、疲労感や難易度は比例して高くなります。

また、スタート時間に関わらず、夜間走行が避けて通れない点は200kmブルベとは大きく異なるため、以下の点には注意が必要です。

それでは詳しく確認していきましょう。

夜間走行に適したフロントライトが必要

夜間走行に適したフロントライトが不可欠

300kmブルベでは、ほぼ確実に夜間走行が発生するため、夜間走行に適したフロントライトの準備が必要です。(超人的に早いランドヌールは除きます)

疑問を持つ人

日が落ちて周りが暗くなったとしても、街頭があるから大丈夫じゃないの?

このように思われるかもしれませんが、ブルベのルートはロードバイクが走りやすい道(交通量が少なく、街頭もほぼない)になっていることが多いです。

実際に日が落ちた後に峠道に差し掛かることや、街頭すらない真っ暗な道を長時間走行しなくてはならない場合も多々あります。

そのため、以下2灯のフロントライトを装備して、ブルベに参加するようにしています。

  • Navi800(最大800ルーメン)
  • RN1500(最大1500ルーメン)

走行ルートによっては、ここまでの光量は不要かもしれませんが、最低でも400ルーメン以上のライトを2灯以上準備しておくことがおすすめです。

以下の写真は峠を走行中にライト(400ルーメン)を点けて撮影した写真ですが、真っ暗すぎて恐怖を感じます…

峠走行中の様子
さとつ

峠を走行する際、できることなら他の参加者と一緒に走行するようにしたいです…

野生動物と遭遇する可能性がある

野生動物と遭遇する可能性がある

確実に発生する夜間走行に関連して、突然の野生動物には本当に注意が必要です。

  • 鹿の遭遇:2回
  • たぬきとの遭遇:4回
  • 猿との遭遇:2回
  • 猫との遭遇:3回

疲労感が溜まってきている夜間帯に遭遇する可能性が高いので、気を抜かないように注意が必要です。

僕はこれまでブルベに参加して、これらの野生動物に遭遇しました。

この中で特に怖かったのが「たぬきとの遭遇」です。

進行方向の右もしくは左から急に道路を横切ってくることもあり、非常に怖いと感じました。

またダウンヒル中に遭遇する鹿はすぐに山へ避難してくれますが、なぜか猿はあまり動じない(無駄に冷静)ため非常に厄介でした…

なんにせよ、集中を切らさずに走行するようにしてもらえたらと思います。

さとつ

びっくりし過ぎて、しばらく心拍数が上がってしまうほどです…

長時間のライドによって、お尻や手が痛くなる可能性が高い

お尻や手が痛くなる可能性がある

長時間ハンドルを握っていたり、サドルに座っている状態が長く続くことで身体の節々に痛みが生じる可能性があります。

そのため、意識的に体重を抜いてハンドルを握ったり、ダンシングを取り入れることで、痛みが発生しないような工夫が必要です。

また、お尻や手の皮膚が擦れて痛みが生じる場合、ハンドクリームやシャモアクリームを塗ることで、痛みが発生しにくくなるので、おすすめです。

購入当時はASOOS(アソス)のシャモアクリームがコスパの面で優れていましたが、protect j1の皮膚保護クリームもコスパが良くて非常に人気です。

スクロールできます

ASSOS シャモアクリーム

¥5,390 (2024/02/20 22:47時点 | 楽天市場調べ)

protect j1 長時間持続型保護クリーム

さとつ

ASSOSのシャモアクリームが無くなったらprotect j1も試してみたいです。

目次に戻る

完走に向けての準備と意識したこと

ブルベ完走に向けての準備と意識したこと

事前のルート確認や食べ過ぎに注意することに加え、以下3点を意識して当日に臨みました。

選択肢が制限されてしまうため、300km以降は輪行をするようになりましたが、できるだけ近場のブルベに参加するようにしました。

前半に頑張り過ぎない

スタート直後は気分が高まっていることもあり、先頭集団に着いていこうと頑張ったりしてしまうことがあります。

また、信号峠(信号の影響で中々前に進めない状態)によって、一時的にグロス速度が低下することもあります。

とはいえ、20〜30km走行して市街地を抜けられれば、信号が少なくて走りやすい道に出ることが多いので、前半に頑張り過ぎて後半バテてしまわないように注意して走行しました。

それと信号のタイミングによっては、自分が先頭になってしまう場合もありますが、後続が抜いてくれるので、気にすることなく、自分のペースで走行するようにしてください。

さとつ

信号が変わったらロケットスタート!のように頑張り過ぎる必要はありません。

踏み過ぎに注意して一定のペースで走行する

「前半に頑張り過ぎない」と似ていますが、ブルベ中は時間の余裕が欲しくて、ついつい踏みがちになる傾向があります。

また、脚の合うランドヌールと一緒になった場合、抜きつ抜かれつを繰り返すことも多いですが、ここでも踏み過ぎには注意するようにしてください。

さとつ

自分のペースを守って走行するようにしましょう。

疲労が溜まってきたと感じたら休憩する

基本的なことですが、疲労を感じたらこまめに休憩をするようにしましょう。

ランドヌールの中には「PCや通過チェック以外では止まらない」という方もいますが、PCや通過チェックの間隔は一定ではありません。

時間のロスを避けたい気持ちも分かりますが、時間ギリギリでも間に合えば問題ありませんので、疲労を感じたら無理をせず、休憩をした方が賢明です。

さとつ

200km以降は顕著に疲労が溜まってくるので、無理をしないようにしましょう。

目次に戻る

【まとめ】夜間走行の対策を徹底して300kmブルベを完走しよう!

夜間走行の対策を徹底して臨もう!

300kmブルベの持ち物や費用感、難易度や注意点を解説してきました。

200kmブルベよりも先に300kmへの挑戦は可能ですが、事前に200kmを完走しておくことがおすすめです。

200kmブルベに比べ、距離が100km長くなっていることもあり、その分難易度は高くなりますが、200kmを完走できるのであれば、300kmの難易度はそこまで高くはないと感じています。

とはいえ、以下のような注意点がありますので、必ず準備するようにしてください。

基本的に夜間走行は避けて通れない(超絶早いランドヌールは除く)ので、夜間帯の視界確保と野生動物には十分注意が必要です。

また、暗くなる前にゴールしたい!終電に間に合わせたい!という気持ちが先行して、ついつい踏み過ぎてしまわないようにもしてください。

さとつ

当たり前ですが「疲れたら休む。」を意識して完走を目指してもらえたらと思います。

さとつ
この記事を書いた人
2019年からロードバイクに乗りはじめた30代。
普段は50~100km程度の、ゆるめのサイクリングを楽しんでいます。

長年悩んでいた膝の痛みをフィッティングで解消し、2023年にブルベでSRを獲得しました。

自分が調べた内容や、実体験を元にしたリアルな情報を発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次